仲介手数料とは?いくらかかる?値引きは出来る?

不動産を購入や売却をする際には登記費用や銀行の手続きのほかに「仲介手数料」が必要となります。また、賃貸を借りる場合も敷金や礼金などの費用のほかに「仲介手数料」がかかります。


この「仲介手数料」とは一体どのようなものなのでしょうか。

ここでは「仲介手数料」について解説していきます。

「仲介手数料」ってなに?

不動産手続きに掛かる「仲介手数料」とは一体どのようなものなのでしょうか。

聞いたことはあるけど内容は分からない方も多いのではないでしょうか。

賃貸の仲介手数料

賃貸では不動産会社が借主と貸主の間に立って契約・取引が成立した際の報酬となります。

賃貸における仲介手数料の上限は賃料の1ヵ月+消費税と定められています。

この上限は借主と貸主の双方合わせての上限となります。

その為、この上限の金額を超えて請求された場合には注意が必要です。

例)賃料60,000円の物件を借りる際の仲介手数料

 仲介手数料 = 60,000円 × 1.1(消費税が10%の場合)= 66,000円

売買の仲介手数料

売買の仲介手数料も賃貸と同様に不動産会社が買主と売主の間に立って契約・取引が成立した際の報酬となります。

売買では買主と売主でそれぞれ上限金額が定められています。

仲介手数料の上限金額

売買価格

報酬額

200万円以下の部分

取引額の5%以内

200万円超400万円以下の部分

取引額の4%以内

400万円超の部分

取引額の3%以内

※上記の手数料額に消費税が別途かかります。

400万円を超える手続きの計算はつぎのような速算式で求めることが出来ます。。

仲介手数料 = (売買価格×3%+6万円) + 消費税

速算式で仲介手数料を計算する場合には全体に3%をかけた後に6万円を足して正規の金額になるように調整されています。

例)売買価格3,000万円のマンションの場合

仲介手数料 = (3,000万円×3%+6万円) + 10%(消費税が10%の場合) = 1,056,000円

仲介手数料は不動産の契約・取引が成立した際の成功報酬となります。

物件を探してもらったり、案内をしてもらっただけでは掛かりませんので安心して物件を探しましょう。

仲介手数料に割引はあるの?

仲介手数料について見てきましたが、物件の賃料・価格が高額になればなるほど仲介手数料は高くなります。

結果として不動産会社によりますが、仲介手数料を割り引いてもらうことは可能です。

ただし、ほとんどの不動産会社が仲介手数料のみが利益となります。

その為、むやみに交渉はせずに丁重にご相談するのが良いでしょう。

割引がある会社はどのように見分ける?

不動産会社といっても街中に不動産会社は数多くあります。

その中で割引がある不動産会社を探すのは苦労します。

まずは近くの不動産会社や取引のある不動産会社に相談するのが良いでしょう。

また、「割引がある」と紹介している不動産会社へ相談することも方法の一つです。

受けられるサービスに関しては差がありませんので一度相談してみましょう。

割引に目が行きがちですが、気持ちの良い取引をするために自分にあった不動産会社を選び、安全に取引が出来る様に心がけましょう。