3,000万円特別控除 相続編

被相続人の居住用財産(空き家)売ったときの特例

 相続又は遺贈により取得した被相続人居住用家屋又は被相続人居住用家屋の敷地等を、平成28年4月1日から令和5年12月31日までの間に売って、一定の要件に当てはまるときは、譲渡所得の金額から最高3,000万円まで控除することができます。
 これを、被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例といいます。

期間の要件、相続した家屋の要件、 譲渡する際の要件 、他の特例との適用関係等ございますのでお気軽にご相談ください。