高く売るコツ

自分でリフォームして売る③で好条件での売却に必要なことを記しましたが

今回は別の方法もご紹介します。

それは?(ハテナ)の解消です。

例えば、中古戸建を土地として販売する際に

買う方は解体しなくてはいけません。

解体費用は?解体後のイメージは?

給排水管は使えるの?等沢山のハテナが生まれてしまいます。

ましてや土地からだと建てる建物の費用の算出や、完成をイメージしなくてはいけません。

更に?が追加されます。

また、費用面のハテナはやっかいで

解体費用150万円のところ

オーバーしたらどうしよう?念のため200万円で考えておこう

だから200万円の値引き交渉をしようと

本来なくてはいい交渉を受けてしまいます。

こんなケースもあります。

隣の家の塀が自分の敷地に越境している

これをこのまま売るよりかは

越境を解消して売る

難しいなら越境していることを認めてもらい

将来建替えの際には越境を解消してもらう約束を取り付け

覚書を締結したほうが断然売りやすいでしょう。

というよりかは買う方は買いやすいですよね。

お金がかかることは、お財布事情もあるかとは思いますが

お金がかからないで解消できることも

ありますので

買う方が買いやすい物件づくりを目指すと好条件で売却できる可能性が

かなり高くなりますので

是非、売却の際にはご相談下さい。

※参考記事

田園都市線・川崎市・横浜市の不動産売却のことならセンチュリー21アイワハウスにご相談ください!!

店長 石田悠樹