買替(売って買う)って難しいの?

買替とは現在の住まいを売って、新たに新居を購入することです。

不動産の購入は普通人生で1回あるかないかですよね。

ただ、生活環境が変わったり、家族構成が変わったりで

売却を余儀なくされることもあります。

売却後は「実家に戻る」や「賃貸住宅を借りる」、「海外に移る」等いろいろありますが

その中で、少し難易度が上がるのが「新たに家を購入する」です。

何が難しいかというと、タイミングが難しいのです。

多くの方が住宅ローンを利用して家を購入しています。

住宅ローンとは自らが居住する家を購入するためのローンなので

原則、1人1本までです。

ということは現住まいのローンを完済してから新たに購入する住まいのローンを組む

という流れになります。

現在の住宅ローンを先に返す=先に売って売ったお金で完済する=今の住まいを引渡す 

そしたら家を購入する為に住宅ローンを組む

ってことは

売れるまで新しい家は買えない?

売れてから探すってことは仮住まいをしなくてはいけない?

売ってから探して気に入る家がなかったら?

そうですよね。タイミング良くいい物件が見つかって、仮住まいもなく、買替成功させる

なんてできるの?って思っちゃいますよね。

ですが私の実績としては

買替成功率90%以上です。

これを成功させるには、資金計画、販売計画、購入計画をちゃんとたて

買替計画をプランニングし、事前にリスクの提示、リスクヘッジの可否

等を事前にご提案してからスタートします。

買替プランを聞いてからやめる選択もできますので

是非一度お気軽にご相談下さい。

買替に適した時期もありますので、少しでもお買換えをご検討されている方は

是非ご相談下さい。もちろんプランニングは無料です!!

店長 石田悠樹

このスタッフへ相談する

必須 お名前

必須メールアドレス

必須電話番号

任意 住所

必須ご希望の連絡方法

任意お問い合わせ内容