豊田と不動産④~ローン・引渡し~

こんにちは。

センチュリー21アイワハウスの豊田です。

実際に一度目の案内でこんなに早く物件を決めるとは思ってもいませんでしたが、

本当にその後が一番心配でした・・・

住宅ローン本当に通るの!?

1話目にも書きましたが、

不動産の取引は基本的に事前審査を通して、

この人は本当に買える。というのが概ねOKになってから

契約のパターンが多くなります。

しかし、私自身カードなどをかなり多用していた時期があり

事前審査も通していなかったので、事前審査の用紙の記入後から

本当に住宅ローンが通るのか不安な日々が訪れました・・・

しかも、メインの担当ではない方がローンの事前審査対応を

してくださっていたのですが、確か1ヵ月以上結果の連絡が無く、

もう無理なんだ・・・と絶望していた記憶があります。

※本来であれば金融機関の混雑具合にもよりますが、

一週間前後もあれば事前審査の結果などは出てしまいます。

何か理由があったのだと思いますが、真相は不明なままです・・・

その後しびれを切らし、さすがに無理なら無理と言ってくれ!!

と言わんばかりに催促の連絡を入れたところ、「通りましたよ」と一言、

こんなにあっさりと!?って思うくらいの返答で

不安だった時間を返してほしかったです(笑)

しかし、借入には実際に条件もあり、

私の場合は融資銀行へ給与の振込、既存の借入の返済でしたが、

そのお客様の自己資金や年齢、年収、家族構成など含めて金利の決定や

条件、住宅ローンの借入の承認が出るなどが決まってきます。

人によってはご両親の住んでいる家が持ち家なのか、

預金はどのくらいあるのか、出資はしてもらえないのかなど

色々と聞かれる場合もあります。

その時はそんなことも何も知らなかったので、金利なんて知らん!

とりあえず今の借りているお金を返せば家を買える!!と

有頂天になり、何も見えなくなっていました(笑)

そこからは色々と進むのも早く、

契約(当時の妻に代理人に行ってもらってたのですが、今考えればあり得ないですね)、

既存の借入を返済し、本審査、承認後にローンの詳細など

いろいろと説明を受けながらの金銭消費貸借契約、そして残金決済で、

実際に銀行から口座へお金が振り込まれ、そのお金を売主、仲介会社の手数料などに

振り分け、鍵をもらって引渡し完了です!!

この瞬間って、今では人のものに立ち会うことが多いですが

本当にうれしい瞬間です。

この時はこの家に10数年は住むんだろうなと思っていました・・・

続く