売却にかかる諸費用

不動産を売却するといろいろな諸費用がかかります。

といっても購入時よりかかる金額も種類も少ないのですが

ひとつだけ購入時より高くつくものがあります。

それは税金です。

不動産を譲渡することにより利益が出た場合

利益に対して所得税・住民税・復興支援税がかかります。

これは状況や売る不動産によってうん百万円かかる場合もあるので要注意です。

売る不動産に住んでいたのか?何年住んで何年所有していたのか?

購入時の契約書は残っているか、購入時にかかった諸費用の領収書は残っているか?

ここが重要です。上記の状況によっては、結構な金額の税金がかかる場合が

あるのではじめに知っておきたいですよね。

不動産業者さんから税金のことはしゃべっちゃいけないので税理士か税務署に相談してくださいと

言われたという声をよく聞きます。

確かに税理士の資格がないので断言することや、代わりに申告することもできませんが

だいたいこれくらいかかりそうだ

この控除が適用できそうだ。くらいは言えるのではないでしょうか。

但し、やはり私共は税理士の資格がないので最終的には税理士、税務署に相談して頂くことをおすすめ致します。

他にかかる諸費用は

・仲介手数料((成約価格×3%)+6万円)+消費税

・測量費用※測量図や境界杭が無い場合や土地として売却する場合

・登記費用(抵当権抹消費用や住所変更、氏名変更登記等)

・売却の売買契約書に貼付する印紙代

・インスペクション費用(任意)

です。ケースによっては他にかかる場合もございますので

お気軽にご相談下さい。