任意売却|配当要求って何?

正式には

「配当要求終期の公告(はいとうきょうきゅうしゅうきのこうこく)」

と言います。

競売申立後、裁判所は差押登記をします。その後「他に債権者はいませんか?いたら申出でください。」という目的で物件目録を執行裁判所に公告します。

※公告といっても裁判所の一室にファイリングされており、それを誰でも閲覧することができるといった内容です。

これを配当要求と言います。

終期の公告とはいつまで公告するのでその間に申出てくださいという意味です。

配当要求終期が公告された後、事件により異なりますが、おおよそ3ヶ月~6ヶ月間で開札となります。

この公告を見て、動き出すのは他の債権者だけではありません。 

配当要求終期の公告を見て動き出すのは他の債権者だけではありません。

任意売却を生業としている、不動産業者が沢山見に来て、物件を特定し

実際に訪問をします。これを専門としてしている業者さんの中には

良心的な不動産業者さんもいますが、乱暴だったり、モラルのない業者さんも沢山います。来る業者も選べません。招かざる客はひっきりなしにきてピンポンを押してきます。配当要求終期が公告がされた当日はフィーバーです。

ですが、ここで居留守を使ってすべての業者に会わないのは得策ではありません。

既に相談している者がいる場合は別ですが、何も動いてないのであれば

成功率の高いこの時期に動くのはメリットが沢山あるからです。

ただ全員に話を聞くのも疲れてしまいますね。

ではどんな業者を選んだらいいのか?

 任意売却するにはどんな業者を選んだらいいのか?

玄関先や家の外で近隣に聞こえるような声で競売だ売却だ滞納だ叫ぶデリカシーのない業者はまず止めた方がいいでしょう。

また、見た目は誠実そうで会社の名前も有名!だけど何か頼りない、任意売却をあまり知らないこれもやめた方がいいでしょう。

ピンポンをしてくるのはNG条件ではありません。ですがその話し方や、行動である程度絞りましょう。そして直観で話を聞いてみてもいいですし、その業者が投函していった手紙やDMをみて判断されるのもいいかもしれません、

配当要求終期の公告のタイミングではまだまだ任意売却成功の可能性は十分ありますので、まずは動き出しましょう!!

任意売却は動き出しのスピードが非常に大事です。

お悩みの際は、是非一度ご相談下さい!!

田園都市線・川崎市・横浜市の不動産売却のことならセンチュリー21アイワハウスにご相談ください!!

店長 石田悠樹